レディースコミック

『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』レビュー 温かいテーマが隠れてた!

マンガ『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』(著:池田ユキオ・ぶんか社)
オススメ度:★★☆

あらすじ:不動のナンバーワン伝説を残したキャバ嬢・桃華は、キャバ嬢を上がり、普通のOLとして勤務していた。30歳の誕生日、同棲する彼氏に2百万円の虎の子を持ち逃げされ、残されたキャバ嬢の名刺を頼りに訪れた先は、自分が勤めていたキャバクラだった! 30過ぎた華子がキャバ嬢として復活することになってしまい!? 逃げた彼氏の行き先は!? 彼氏の浮気相手である、枕営業のキャバ嬢とのバトルは!?

自分の人生が一番輝く場所に戻る

「ストーリーな女」シリーズは好きで良く読むんですが(安いのが多いから)、これはいい意味で「ストーリーな女」シリーズっぽくないです。

若くてキレイだけが取り柄だった歌舞伎町伝説の超絶売れっ子キャバ嬢
年食って落ちぶれる前にと、人気絶頂だった時にあっさり引退したはいいけど、それから普通の会社に就職して、自他ともに認めるつまらない人生を歩んでいた花子(主人公)

そんな花子が30歳にしてキャバ嬢に復活!
自分の人生を自分らしく生きて、再び輝いていくお話です。

花子の顔が、腐った人生生きてる時と、キャバで活躍してる時ではあからさまに違うのが印象的です。

誰にだって経験あるんじゃないかな?と思います。
落ちぶれたくない、いいところで終わりたい、自分の意思ではなくて周りに合わせて決断してしまったこと。花子はまさにその一人です。

キッカケは良いものではなかったかもしれないけど、自分の人生を、自分らしく生きる大切さを感じられました。

外野はいろんなことを言うけど、適材適所が大切ですね。

プライド高い奥様が昼キャバ嬢に転身!

同時掲載されてるのが『昼キャバ嬢のオキテ』です。

これ、短編だけど面白い。
こっちのが作者さんの本領発揮ってイメージが強いです。

外資系商社勤めだった夫を持つ専業主婦りさ子。
夫がリストラされてしまい、再就職するまでの間だけ、家のローンのため、生活費のために昼キャバで働き始めます。
最初はキャバのお客を上から目線でバカにしてたけど
だんだんとプロ意識が出てきて、高いプライドを脱ぎ捨て、自分の人生を生きる決断をします。

あれ?

こう書くと『胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~』『昼キャバ嬢のオキテ』どっちも同じテーマですね。自分の人生を自分らしく生きて、輝く。

テーマが明るいから、読んだ後に心が温かくなったのかもしれないです。

 

⇒ 登録なしで無料試し読みが出来るので是非読んでみてくださいね(^^)
胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~