レディースコミック

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』分冊版11巻レビュー 夫婦に忍び寄り不倫相手!目的は何?

マンガ『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』(著:丘上あい・講談社)
オススメ度:★★☆

あらすじ:35歳の爽(さやか)は、夫とふたり暮らし。結婚して10年経つが子作りをしない夫に、爽は「子供が欲しい」という本心を打ち明けられずにいた。そんな爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣(るい)と行きつけのバーで語りながら飲む時間。瑠衣の勧めで、夫に本音を打ち明けた爽は…。1話目から、衝撃の展開が待ち受ける――!! 全員裏切り者の、ジェットコースター・ラブサスペンス。

二面性を使い分ける腹立たしい不倫女!

学生時代よく読んでた「やさしい子供のつくりかた」「きーちゃん先生の事情」を書いてる丘上先生の最新作。この先生は単純な設定の中に、深みを持たすストーリー展開が上手いな〜と思う。絵も綺麗だし。

さて、最新作は不倫がテーマです。不倫映画も流行ったことだし、編集者からの要望でしょうかね?

35歳のバリキャリ編集者の爽(さやか)と、飲み屋で出会って意気投合し仲良しになった瑠衣(るい)。その瑠衣が爽の夫と不倫関係にある。しかも二つの顔を使い分けてて、爽の悩みを聞き、励ます一方で、夫とはドロドロの不倫。裏で爽をバカにする一面もあって「この女まじで何なの!ってか旦那最低すぎる!」とイラついてきますが、爽のカッコつけで夫にも弱みを見せられない姿にもイラついてきます。

爽は爽なりに、実の両親がワケありだったために、片目をつぶって問題点を直視しないことが幸せな夫婦関係を続ける秘訣だと思ってるフシがあるんですが、不倫に気がついてしまった時には、もう片目をつぶり続けることが出来なくなります。

そしてそんな中、高校の時の元彼と再開する爽。元彼も既に妻帯者ですが、爽がワケあり両親のゴタゴタ真っ最中に付き合っていたようで、この再会が、爽に不倫と向き合う覚悟をつけた感があります。むしろ元彼との再会がなかったら、どこまで不倫相手にバカにされようとも片目をつぶり続けていたんじゃないかとすら思う。

本当の目的は何なのか?影の計画者は?

爽の夫のことを「好き♡」だという一方で、実はそんなに好きでもなさそうな面もある瑠衣。7巻では誰かと電話しながら「時間の問題だと思うよ、もう」と言ってました。夫婦関係を壊すことを誰かに依頼されてる?ハニートラップ?でも何処にでもいそうなありきたりな夫婦の関係を壊して得する人って誰なんでしょう???

夫が子供を望まない本当の理由が判明!

ここから少しだけ11巻のネタバレです。意外すぎる展開に驚きました!

⇒ Renta!のページはこちらです。
ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 分冊版

知らないのは爽だけ?

10年前の二人の結婚式、、、、女にありがちなトイレでの裏話、一悶着として、爽の同僚が、爽の学生時代からの親友に暴露します。そしてその事実を不倫相手の瑠衣も知ってて、瑠衣が爽に暴露するところで11巻は終わります。

「あの人、子供いますよ」

バカやろー!!!!!!!!!!!!!
管理人の率直な感想です。面白くなってきました。

分冊版で読むメリットは?

今、Renta!では分冊版1巻が無料で読めます。
でも分冊版ってすぐ読み終わっちゃうんですよね?

値段で考えると、単巻レンタルの方がトータルで安く済みます。でも、分冊版の一番のメリットは単巻より早く配信されるとこだと思います。単巻は単行本が発売されないと配信されないように、ある程度、連載が進まないと読めないので気になる作品は少しづつ読める分冊版がオススメです。
つまらなければいつでも読むのを辞めれるのも良いところですね♪