レディースコミック

『ブスの合コンごはん』レビュー こんな女いるいる〜!のオンパレード

マンガ『ブスの合コンごはん』(著:瓜渡モモ・ぶんか社)
オススメ度:★★☆

あらすじ:顔はイマイチだけど、食に関しての造詣が深い投稿者が中途で入ってきた美人に恋敵を脅かされる!? 投稿者が社内で活動している食事サークルに美人も参加することになるが、箸の持ち方や周囲もドン引きするような偏食ぶり。ブスだけど食美人、美人だけど偏食ブス――恋の女神はどちらに微笑む!?表題作ほか6作品を収録。

いるよね、こんな女シリーズ!!

ストーリーな女たちは面白いな〜と思うと、だいたい読者投稿シリーズだったりしますね。
しかも今回は秀逸。まさにいるよね〜、こんな女〜の6連発!!

それでいて、どの話も投稿読者の切り返しが上手くてスカッと!させてくれます。

全話同じ作家さん著で、

「ブスの合コン」
「孫はかすがい!?」
「出戻り自己中女」
「略奪彼女」
「私がイチバン!」
「無神経な彼女」

全話そうですが、「こんな女いるよね〜」とは思うけど、実際に近くにいたら相当イライラしそうな人たちばかりです。

いちばん嫌いなタイプ!

私が一番スカッとしたのは、最終話の『無神経な彼女』

産休明けて職場に戻ってきたのに、「うちの子超カワイイでしょ〜♡」と就業時間中に子供の写真を見せ続ける、育児を理由に仕事はテキトー、子ナシ既婚者・未婚者を見下して「やっぱり女は子供を産んでこそ一人前♪」と、どこぞの政治家が言ってそうなセリフを吐き子無しハラスメントしまくり!

自分がいかに周りから助けられてるかが見えなくなってしまうものなんですかね〜?
よく分かりませんね?

この人は派遣だったのか、結局、職場中の女性を敵に回してしまって契約を打ち切られクビに……。職場の最低限のルールも守れないのだから、そりゃ当たり前です!

生き方を変えなければいけないアラフォー世代

どの話もそうですが、イタイ女だな〜と思うのは、若かった頃、20代のチヤホヤされてた自分を、そのまま歳を取っても引きずってしまう人ですね。

『出戻り自己中女』の女もそうだったけど、子供の頃から目立つ美人で地元のアイドル的存在、だから自分は特別なんだと思い込んでしまう

そういう人が、自分は実は特別ではなかったんだと大人になって気付くのは難しいのかも?
残念なことに管理人には無縁なお話なので想像できませんが……

でも誰だって、どこかでターニングポイントがやってくるはず。
その波に上手く乗れなかった女達の話でもあるかもしれません。

48時間レンタルで2チケだと考えれば、結構オススメな内容です。
⇒ 登録なしで無料試し読みできるRentaはこちら!
ブスの合コンごはん