レディースコミック

『母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声』1巻〜12巻レビュー 正義が光る虐待漫画!

マンガ『母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声』(著:さくらまこ・Blackショコラ)
オススメ度:★★☆

今なら1巻・2巻が無料で読めますよ!(2019年1月3日まで)
母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声

分かりやすい善悪が面白さの秘訣!

虐待・ネグレストのお話です。

面白いです。いや、虐待ものを面白いって言っちゃダメか(・Θ・;)アセアセ…

どうしようもない糞女ネグレストされてる無戸籍児が住んでる隣の部屋に
暖かい家庭で育ち、でも反抗期真っ最中で人生に悩んでる青年 真嶋まさとが引っ越して来るところから話が始まります。

このまさとが本当にいい味出してて、ネガティブとポジティブ正義と悪がハッキリと分かるように描かれてるのがこの漫画の面白さかなぁ〜と思います。

愛に飢えた糞女。ネタバレ

安さに釣られて住み出したアパート。
隣は女性の一人暮らしのはずなのに、まさとは小さい子供を見かけます。
霊か!?と思うぐらいコソコソと、そして誰にも知られずに暮らしてる子供。

そして、その母親はマジで狂ってます。

彼氏(?)が家に来てくれる!ってことになったけど、「こんなゴミ屋敷になんて呼べない!バレたら嫌われる!」の一心で、隣のまさとの部屋の鍵を工具でこじ開け、そこを自分の部屋と偽ってエッチするという、、、信じられないことをやってのけます。

糞女も虐待の経験を持ち、誰にも愛されずに育ってきてしまったので、愛に飢え、幸せに飢えて、それはもう必死に愛を求めてます。

幸いなことに、その情事の間、まさとは存在を隠されてた女の子を食事に連れ出すことに成功します。

そしてそこで警察に補導されます、、、笑

幼い女子と青年が二人でいたら、そりゃ怪しいですもんね。

そこから子供の存在が警察にも大家にも発覚して、生活保護を受給できることになります。

でもその生活保護費でさえも彼氏(?)に渡してしまい、
「きれいな服でも買ってきな」って逆に一万円を渡されます。

いや、それお前の金じゃねーから!
※管理人心の声

とにかく愛に飢えてる糞女は、これで彼氏(?)と子供と三人で幸せに暮らせると夢を見るけど、そもそもただの金ヅルだとしか見られてないから、男はそんなのお構いなし。

糞女に売春を斡旋します。

そんな中、女の子が生焼けの魚を食べてしまい激しい腹痛を起こします。

まさとが気がついたことによって、救急車で搬送され助かりますが、その病院からも女の子を無理やり連れ戻してしまう糞女。

「ちゃんと育てろよ!」

と感情が爆発するまさとに対して、

ずっと一人だった…誰も愛してくれなかった…さみしいのよ…
この子がいないと生きていけない…

そんなに言うなら、あんたが幸せにしてよ…助けてよ…

と詰め寄る糞女。
こ、 こわい…

彼氏(?)は彼氏で、

「こいつ邪魔だよ。オレと子供どっちを取るんだよ?」

と糞女に詰め寄ります。
その言葉で、幸せになるために、子供を手放す覚悟をしてしまう糞女。

女の子は男に殺されそうになります。

新しい展開が面白い!

女の子が殺されそうになる一悶着があったところで終わりかと思いきや、
場面を安アパートから児童施設医療刑務所に移し、第二章的な感じで話が続いてます。

良い心理士に出会う一方で、施設内でまた虐待されてしまう女の子。

そして糞女は医療刑務所で精神科医に依存し始めます。

ちょっとでも優しくされるとすぐに依存してしまうのが怖いですね。

医師は医師で、身の危険を感じ、糞女の意識を自分ではなくて
諸悪の根源、そう女の子の父親に向くように睡眠療法によって仕掛けます

女の子の父親にも既に新しい家庭があるようなので、
糞女の出現に恐怖を感じてるシーンも描かれてました。

どこに行っても、誰に頼っても、嫌がれるなんて可哀想な気もしますが、
依存心が強すぎる糞女なので、目を付けられたらたまったもんじゃない!という男たちの気持ちも理解できますね(-ω-`)

絵もキレイだし、虐待系が嫌いでないならオススメです!

今ならRentaで1巻・2巻が無料で読めますよ♪(2019年1月3日まで)
母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声